常任指揮者 安野 英之

写真 京都市立芸術大学音楽学部卒業後、同大学大学院修士課程修了。
チェロを岩谷雄太郎、上村昇の両氏に、指揮法を斉田好男に師事。
MBSこども音楽コンクール重奏の部文部大臣奨励賞(当時)ほか多数受賞。
現在、天理シティーオーケストラ常任指揮者、天理教音楽研究会講師、奈良県立高円高校音楽科非常勤講師、ラ・ストラーダ弦楽アンサンブル首席チェロ奏者、天理市音楽芸術協会理事。アルフレッド夏期講習会(ニューヨーク州)に全額奨学金を受け参加、J.フックスのマスタークラス(室内楽)を受講。
これまで、天理シティーオーケストラ、天理教音楽研究会オーケストラ、高円高等学校創立30周年記念式典・定期演奏会、奈良アマチュアオーケストラフェスティバルでの合同オーケストラ等を指揮。
2010年からは天理市教育委員会主催「大人のためのおもしろ音楽講座」の講師を務めるなど、市民に音楽を広める活動にも力を入れている。
2011年11月、天理シティーオーケストラ創設時からの長年の功績が認められ、天理市より教育表彰された。
奈良県天理市出身。


コンサートマスター 栄嶋 道広

写真 大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース卒業、同大学大学院芸術文化修士課程修了。
トゥール国立音楽院(フランス)首席卒業。
また、2007年にはドイツでも研鑽を積み、現地にてリサイタルを開催。
現地新聞にも大きく掲載され、大絶賛を博す。
これまで、岡本智紗子、岩谷悠子、稲垣琢磨、ピエール・イワノヴィッチ、朝枝信彦の各氏に師事。
現在、国内外で、ソロ、室内楽、オーケストラ奏者として活躍中。
天理中学校弦楽部講師。
室内オーケストラ「アマデウス」(朝枝信彦主宰)メンバー。
奈良県桜井市出身(天理高校卒業)。


コンサートマスター 相原 瞳

写真 相愛大学音楽学部器楽学科を首席で卒業。
その後、ケルン国立音楽大学で学び、2006年教授全員一致の優秀な成績で飛び級卒業、ディプロマを取得。
1992、93年MBSこども音楽コンクール重奏の部で2年連続全国最優秀賞文部大臣賞を受賞。
第8回ならフレッシュコンサートオーディションに合格。
なら100年会館にてジョイントリサイタル出演。奈良市長賞を受賞。
これまで、ヴァイオリンを岡本智紗子、岩谷悠子、小栗まち絵、G・コシュータ、室内楽をH・ショーネンヴェグ、バロック音楽をT・ハンビッツァーの各氏に師事。
現在、天理教音楽研究会講師、フリーランスの奏者として活躍中。
天理市出身。


トレーナー 上田 真紀郎

写真 相愛大学音楽学部器楽学科卒業。
その後ドイツで研鑽を積み、ヨーロッパ各地での音楽祭やコンサートに多数出演。
国内において小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトや、世界的チェロ奏者ロストロポーヴィチ氏率いるオーケストラ「キャラバン」、東京・春・音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団などに客演。
これまで、ヴァイオリンを西薗真理、渡辺美穂、小栗まち絵、朝枝信彦の各氏に、ヴィオラを竹内晴夫氏に師事。
現在、相愛ジュニアオーケストラ指揮者、兵庫県立西宮高校音楽科非常勤講師、天理高校弦楽部講師、天理小学校オーケストラ講師、天理教音楽研究会講師、千里フィルハーモニア・大阪トレーナー、南大阪管弦楽団指揮者、フリーランスの奏者として活躍中。
天理市在住。


トレーナー 村田 和幸

写真 京都市立芸術大学音楽学部卒業後、同大学院修士課程修了。
コントラバスを畑弘道、(故)江口朝彦、西出昌弘、新真二、吉田秀の各氏に師事。
現在、日本センチュリー交響楽団首席コントラバス奏者。天理教音楽研究会講師。広島大学教育学部非常勤講師。
天理市出身。


▲ページトップに戻る